管楽器のリペアマンというお仕事

服部管楽器社長の服部さとしが管楽器の修理や日常を紹介します。

ウッドストーンのクラリネット用リガチャー 総銀製 レビュー!

服部です!

久しぶりに入荷できました!
ウッドストーンのクラリネットリガチャー

総銀製と
総銀製ピンクゴールド!!

いっつも売り切れで、新品って言ったら何か月か待っちゃうほど品切れ中なんですよ。


こいつが、その大人気リガチャー。総銀製ピンクゴールド!!

f:id:SatoshiHattori:20181109131726j:plain

せっかくですので、レビューしてみます^^

もはや言わずと知れたクラリネットの超人気リガチャー
やっぱりね・・・人気があるものには理由があります!!


えっとですね、最近まで「音が良い物は吹きにくい」という風潮がありました。
これはですね、音色を追及するとプロ仕様になっちゃうため、抵抗感が強くなる傾向があるためなのでしょうね。
上級者が使うといい音が出る。なので、初心者が吹くと、商品のポテンシャルが発揮できずにかえって吹きにくくなっちゃう。

で、で、で、でもですね。
最近の製品はですね。
吹きやすいのに音がいいんです。

これって、結構な矛盾なわけですよ。
今までにない素晴らしいことなんです!

で、このクラリネットリガチャーもまさにその類です!
吹いてみたところ、3つのメリットと2つのデメリットを感じました!

メリット1 反応が良い! なんか小さい音もスコンと吹けます!

抵抗感小さめ!操作性が良いです!
(余談ですが、やっぱりウッドストーンのリードと相性がすごく良いですね!)

メリット2 音が痩せないです!温かい音色でファットに鳴らせます!
 普通のやつも銀製のやつも吹いたことがありますが、やっぱり総銀製は凄いです。
 音の密度が跳ね上がりますよっ

メリット3 見た目が美しい!
 特におすすめなのが、やはりSSPGP 黒いマウスピースにピンクゴールドの華やかな見た目が映えます!

(側面にsilverって刻印があったら総銀製です。これは総銀製にピンクゴールドメッキをかけた最高級モデルです。ちなみにクラリネットだからCの刻印。)

f:id:SatoshiHattori:20181109133610j:plain



で、デメリットとしては

デメリット1 価格が高い!
一番高い総銀製ピンクゴールゴは28000円+税。なかなか強気じゃないですか。
でも、、、別に一年で使い捨てってわけではないですよね!。長く使っていただけますので、値段以上の価値が絶対にありますよ!!

デメリット2 いつも売り切れている!
やっぱり、人気あるのわかりますね。新品で頼むと何か月か待たなきゃいけないみたいです。

というわけで、演奏についてのデメリットなし!!


もし狙ってるよって人がいましたら
今なら在庫がちょっとだけありますのでお問合せくださいねっ!


一応、一応、リンク貼っておきます。
売り切れだったらごめんなさい!

以上、ウッドストーン総銀製リガチャー レビューでした!

birdsound.shop-pro.jp