管楽器のリペアマンというお仕事

服部管楽器社長の服部さとしが管楽器の修理や日常を紹介します。

管楽器修理日報 さかしんくんがチューバの丸洗い

服部管楽器の若きリペアマン 酒井慎太。通称さかしん。

さかしんくんは誠実な男で修理の腕前も良いのです^^

そんなさかしんくんが先ほどチューバ丸洗いの旅に出ました。

f:id:SatoshiHattori:20181111165255j:plain

 

チューバの丸洗いって、本当に大変です。

ブラシやフレキシブルクリーナーやスワブを総動員して
丁寧に丁寧に洗っていきます。

ロータリーもレバーも分解してから行いますし、なんせかなりの作業となってきますので、時間もたっぷりかかってしまいます。

そんな作業を嫌がることのない
誠実な男、さかしん!
リペアマンの鏡であります。
あと、毛量がすごい。すごい毛量。

ええと、もし学校備品でチューバをお使いの方がいましたら、
是非一年に一回は洗ったほうがいいです!!

内部はヘドロがすごくて不衛生なんです・・・
わりと最近こんなニュースもありました。
さすがにここまでのことはなかなかないのですが、
なんせ管の中にヘドロがあるということは
息の通り道が狭くなっており、楽器の性能が発揮されていないのです。


というわけで、衛生的にも音色的にも、洗浄した方が良いですよ^^

いつかこのブログで一緒に洗っていきましょう。
といってもさすがにチューバはむりなんで、トランペットから洗浄の練習をしていきたいものです!

ちなみにロータリーのチューバを丸洗いした場合、5万円くらいかかってきます。
ロータリー分解組立が必須となりますので、割高になってしまいますね。
そのかわり頑張って綺麗にいたしますし、ロータリーも絶好調にしてみせますので!!

がんばりますので
ポチッとしてくださいませ^^


にほんブログ村